ヘッドセットを装着している男性

RPA (ロボティック プロセス オートメーション) とは

工場や製造組織では、ロボットは新しいものではありません。数十年にわたり生産性を改善し、作業者がより高度な他のタスクに集中できるようにしてきました。そして現在、RPA を活用することで、社員が大量のビジネス、IT サポート、ワークフロー プロセスを行う企業でも、同じレベルで生産性を改善できます。

はじめに

より大規模な ビジネス プロセスの自動化 戦略の一環として RPA ツール を使用すると、ソフトウェアの "ロボット" を簡単に構成して、応答のトリガー、データ操作、他のデジタル システムとの通信を実行できます。その対象は、自動返信メッセージの生成のように単純なものから、ERP タスクの自動化を担う、数千ものプログラム済みボットを展開する電子メールまで、さまざまです。

2 種類の RPA: アテンド型と非アテンド型

RPA を ワークフローの自動化 ソリューションとして調査する場合、組織に適したサービスを決定する前に、自動化についてアテンド型と非アテンド型の 2 つの異なるカテゴリを考慮することが重要です。

アテンド型の自動化

アテンド型の自動化は、組織全体が価値の高い作業に集中できるようにします。これは経営幹部の手動で反復的な業務を自動化し、マウスのクリックなど、デスクトップやブラウザで行う操作をリアルタイムで記録し、これを再生することで模倣します。

非アテンド型の自動化

これに対して非アテンド型の自動化は、名前の通りユーザーがコンピューターの前にいる必要がありません。代わりに非アテンド型のボットが操作の記録と再生を自動で行います。非アテンド型ボットは、トリガーの使用や自動化したイベントのスケジュールができるので、組織全体の膨大なタスクを迅速に自動化する場合に適しています。

RPA を使用する利点

これまでに大規模なスプレッドシートの内容を、別のスプレッドシートに切り取って貼り付ける作業を行ったことがある人にとって、反復的で退屈な作業では人間の能力を最大限に活かせないことは明白です。それは仕事を退屈にするだけでなく、最終結果にミスが含まれる原因にもなり得ます。さらに、そのタスクをボットで実行した場合と比較すると、はるかに時間がかかるでしょう。

そこで RPA を活用する最大の利点である、生産性と精度の改善についてご紹介します。作業者は付加価値の高い業務に集中でき、作業の質も高まります。また、ロボットは一度プログラムすれば毎回ルールに従い、疲れたり退屈したりせず、ミスも犯しません。信頼性の高い結果を一貫して得られます。

また、組織がボットを活用すると迅速なスケール アップやスケール ダウンが簡単になり、部署、場所、デスクトップからクラウドに至るまで、季節的なワークフローや需要急増に簡単に対応できます。

RPA を使用する理由

  • 作業者がより重要な作業に集中できます
  • 生産性を改善する
  • 精度を向上させる
  • 必要に応じてすばやく簡単にスケール アップまたはスケール ダウンできます

ROI の迅速化とコンプライアンスの改善

開発チームが作成するカスタム コードは必要ないため、ボットは非常に低コストのソリューションであり、実装もすばやく簡単です。その結果、RPA ソリューションを実装すると通常 ROI (投資利益率) を数週間で達成します。

さらに RPA ボットは一貫して確実にタスクを実行するため、コンプライアンス要件の達成とドキュメント化は非常にシンプルです。これによりリスクを軽減して人為的なミスの要因を排除し、すべての監視と定量化を簡単に実現して、レポート作成を加速します。

ノート PC を使用している女性

RPA のメリットを活用できるかどうかの判断

RPA ソリューションを実装すると、さまざまな業界の組織にメリットをもたらします。独自のビジネスに適しているかを評価する場合、まずはプロセス自動化の効果が高い "バック オフィス" タスクの有無を検討します。通常は、財務、調達、サプライ チェーン管理、医療、経理、カスタマー サービス、人事などの分野が、こうしたルール ベースで非主観的なプロセスを抱えています。

IT サポートと管理を提供する会社は、サービス デスクの運営やネットワーク デバイスの監視を改善するために、RPA を主要な候補にできます。プロセスを自動化することで IT インフラストラクチャの問題をより迅速に調査して解決できます。

さらに、音声認識や自動化されたオンライン アシスタントに依存する業界が RPA を導入すると、最新の開発されたボットによってコードではなく自然言語で回答を提供できます。これによりリソースを節約できるため、カスタマーへの対応が多い大規模なコールセンターやその他の組織に大きなメリットをもたらします。

RPA を 活用する条件

  • "バック オフィス" タスクを抱える組織にこそプロセス自動化のメリットがあります
  • IT サポートや管理を提供する企業
  • 音声認識や自動化されたオンライン アシスタントに依存する企業

RPA ソフトウェアの選定で注目すべき機能

企業に最適な RPA ソリューションを選定する際には、多くの選択肢があります。多くのビジネス上の意思決定と同様に、適切なソリューションの選定は重大であるので、次の点に注目します:

  • 使いやすさ: 組織内の誰もがボットをビルドして使用する必要があります。さらにリーダーがビジネスの意思決定に使用するデータの収集機能も必要です。
  • スケーラブル: 異なる場所で必要な数だけ一元管理と拡張ができる RPA プラットフォームを選択します。
  • 高い信頼性: 数百や数千件のタスクを自動化する場合、高い信頼性だけでなく、監視と分析の機能を搭載することが重要です。
  • 高速: 最適なソリューションを導入すると、わずか数時間で新しいロボット プロセスの設計とテストを行い、そのボットをすばやく最適化できます。
  • スマート: 最高のツールは、タスク ベースの活動をシンプルにサポートし、任意のデータ ソースに対して読み取りと書き込みを行い、高度な学習で将来の自動化を改善します。
ノート PC を使用している人

ハイパーオートメーションを含むフルスタック ソリューションを検討する

すべてのテクノロジと同様に、RPA の機能も急速に進化し続けています。強力で根本的なエンドツーエンドのソリューションを導入することは、組織の最優先事項であるべきです。ただし、さらなる機能の追加も不可欠であり、ハイパーオートメーションも選択肢に加えます。

ハイパーオートメーションを含むフルスタック ソリューションを確実に選択することで、プロセス自動化の複数のコンポーネントを統合したテクノロジのメリットをビジネスに取り入れ、ツールとテクノロジーを統合し、API、AI、プロセス マイニング、分析、その他のツールでタスク自動化機能をさらに拡張します。

RPA を開始する

反復的なタスクとペーパーレス プロセスを合理化するツールを採用することで、最も必要な業務に集中できます。一元化した RPA ソリューションである Microsoft Power Automate で時間を節約して業務を改善しましょう。