BPMS とは

ビジネス プロセス管理ソフトウェアの入門ガイド

はじめに

ビジネス プロセス管理ソフトウェア (BPMS) は、業務における自動化されたビジネス プロセスの定義、デプロイ、管理を支援し、時間がかかる手動プロセスをビジネス アプリケーションで合理化したワークフローに改善します。

クラウド、AI、ビッグ データ分析の機能を新たに搭載し、BPMS はインテリジェントな BPMS (iBPMS) に生まれ変わりました。プロセスをさらに自動化し、ワークフロー開発を加速して、ビジネス プロセスの調整を強化します。

BPMS をビジネスで
活用する方法

BPMS により、ビジネス プロセスの自動化 を活用して幅広いタスクを合理化し、ドキュメントの確認と承認、ドキュメントの管理、人事のオンボード、社員の申請管理などの活動について、プロセスを確実に追跡することができます。

電子メールによるタスク通知、支払のアラーム、お礼状の送信など、BPMS はトリガー対象にしたコミュニケーションを自動化し、ビジネス全体のワークフローを改善します。BPMS は電子メール マーケティング キャンペーンの調整にも活用でき、適切なメッセージや応答を、適切なタイミングで展開できます。

BPMS のメリット

BPMS と iBPMS のソリューションは、ワークフローの自動化 を幅広いビジネス アプリケーションに簡単に組み込めるようにし、プロセスを標準化して以下を実現します。)

効率を高める

ビジネス プロセス管理ソフトウェアを実装することで、企業の全社員が反復的な手動プロセスにかける時間を節約し、業務の遂行と生産性の向上に集中できます。

俊敏性を高める

BPMS はビジネス プロセスの文書化、標準化、自動化を企業にもたらし、新しいプロセスを組織全体にすばやく一貫して展開して、改善と変化への対応を容易にします。

コラボレーションを合理化する

BPMS によって、チームはタスクと割り当てを自動でルーティングし、新規や更新されたプロセスをリアル タイムかつ確実に適用して、全員の認識を常に統一できます。

コンプライアンスを強化する

企業が BPMS を使用してプロセスにルールを構築することで、既存の規制に対するコンプライアンスを維持して、法律改正の影響を最小限に抑えながら迅速に適応できます。

カスタマー エンゲージメントとサポートを改善する

BPMS によってビジネス プロセスを一貫して適用できるため、企業はカスタマー対応の要点を確立、実施、監視できます。カスタマーと企業は、より高度なパーソナライズ、チケットの自動作成、トリガー応答の統一、リードやサポート案件の一貫した管理のメリットを得られます。

BPMS の対象ユーザー

必要とするすべての社員が自動化を設計してデプロイし、最新の BPMS ソリューションで、より多くの作業をより短い時間で完了できます。

ビジネス プロセス自動化は、わずか数年前には複雑なプロセスでした。開発者は、ビジネス側の関係者とプロセスが含む各タスクのマッピングに時間を費やし、その後 IT に依頼して自動化した各プロセスのコードを最初から作成していました。その後、プロセスを変更する場合は、マッピング、コーディング、更新に費やす時間がさらに膨大になります。

現代の優れた BPMS プラットフォームは、開発者や IT によるサポートをほとんど必要としないか完全に排除して、プロセス自動化の取り組みを簡素化します。組織がこうしたシステムを利用することで、非常に複雑なプロセスを実装でき、チームや各社員が自動化したプロセスを簡単かつ独自に作成できるようになります。

従って "BPMS の対象ユーザー" とは、必要とするすべての人です。

BPMS を使用して
自動化を構築する

高品質な BPMS ソフトウェア ソリューションを使用すると、自動化プロセスの設計やデプロイを試行錯誤することなく、テンプレートによる順を追った詳細な手順で実現できます。最適な BPMS ソリューションによって、効率的に統合された方法で以下を実行できます:

  1. 自動化するプロセスを特定して設計します。

    ビジネスでそのプロセスを行う根拠を把握してから、それを定義した既存のドキュメントやプロセス モデルを調査します。

  2. ビジネス プロセス フローのロジックや手順をモデル化します。

    BPMS でビジネス プロセスのステージと手順を定義し、搭載するモデリング ツールでプラットフォームのさまざまなビジネス シナリオをテストします。

  3. コードを記述せず、マウスで操作できる設計ツールで自動化を構築します。

    BPMS ソリューションが用意する事前構築済みテンプレートやコネクタのライブラリで、ビジネス プロセスのプロセス フローとユーザー インターフェイスを作成します。

  4. 自動化を開始してチームや社内全体で共有します。

BPMS ソリューションを選定する

ビジネス プロセス管理 の簡素化を目指す場合、BPMS ソリューションのショートリストを作成すると、ユーザーが簡単に自動化を学習して使用することができます。最新の優れた自動化プラットフォームの実力はこれだけではありません。選定を開始する前に、次の疑問点についてご検討ください。)

焦点を合わせるプロセスは何か

必要なソリューションについて、請求書処理などのより多くの日常業務を自動化するのか、予算管理やパフォーマンス モニターなどの長期にわたる複雑なプロセスの自動化を支援するのかを決定します。

対象ユーザーは誰か

効果的なデジタル トランスフォーメーションの要点は、企業の誰もが使いやすい BPMS ソリューションを選択することです。最新のローコード BPMS ソリューションは、組織全体への導入をより容易にする ロボティック プロセス オートメーション (RPA) 機能を搭載しています。)

BPMS のデプロイ方法

BPMS ソリューションについて、クラウド ベースとオンプレミスのどちらをデプロイするか決定することが重要です。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) BPMS プラットフォームの主なメリットは、アプリケーションを 1 日目から稼働することによるロールアウトの簡略化、インフラストラクチャではなくサブスクリプションを拡大することによる拡張性、従量課金制によるコストの予測です。

オンプレミスの BPMS プラットフォームの主なメリットは、インフラストラクチャ内で管理することによる制御とセキュリティであり、データがシステム内に常駐して、外部への露出を制限できます。

BPMS ソリューションをサポートするのは誰か

オンプレミスの BPMS ソリューションを実装および保守する場合、IT インフラストラクチャとスタッフへの莫大な投資が必要です。ローコードの SaaS BPMS プラットフォームにより、IT への依存を劇的に削減できます。

予算はどのくらいか

コストは常に重要ですが、予測される投資利益率の考慮も不可欠です。高機能のツールを導入するほど、ビジネスにもたらす価値も高まります。

Louisiana-Pacific Corporation が BPMS を活用して
手動プロセスを変革した方法を確認する

Louisiana-Pacific が Power Automate を活用して、プロセスの合理化、ワークフローの迅速化、データ キャプチャの簡素化を実現した方法を説明します。

キッチンでノート PC を使用する人

BPMS ソリューションを組織でお試しください

Microsoft Power Automate を活用して新しいレベルの効率、俊敏性、コラボレーションを、いかに簡単にビジネスで実現できるかご覧いただき、無料で開始しましょう。